スウェット本丸顛末記

女審神者の本丸顛末記。設定だったりメモ書きだったり。刀×刀表現あり
女審神者の本丸顛末記。設定だったりメモ書きだったり。刀×刀表現あり

スウェット本丸の恋愛事情

審神者曰く『私は生物学上女だが、審神者になった以上審神者という性別の生き物だ!』という考えの下でやっているため、自然と刀同士で出来上がるようになった。審神者に鍛刀された刀ほどその傾向が強い。
一応決まり事として、成立したら審神者か加州に報告。仕事に私情は挟まない。致す時はゴムとローションを使い、防音の札(石切丸制作)を貼ること、などがある。


・石かり
本丸内で一番に出来上がった。熟年夫婦であり本丸内一のバカップル。

・こぎなき
出会ってから付き合うまでに一番時間がかかった

・つるいち
審神者曰く、うちの一期はメスゴリラ

・うぐひら
いろんな意味で安定の熟年夫婦臭を漂わせている

・でんまえ
本丸内のサンクチュアリー。マイナスイオンが出ている気がする。

・くりんば
実は本丸で2番目に成立したカップル。

スウェット本丸

フリーターだった女が事故に遭い霊力だかなんだかが爆発的に目覚めて審神者になった本丸の話。

初期刀は加州(三日月・小狐丸)、初鍛刀は乱、初太刀は燭台切と女子力に溢れるラインナップだが女審神者自体は干物女である。
三日月と小狐丸が配布特典の時に始めたので2振りも初期刀にあたるが、平安爺どもなのでお察し。
審神者が公的な場に出る以外、演練なども大体スウェットで過ごしているのでスウェット本丸と呼ばれている。

・女審神者
元々ゼロ感だったが交通事故に遭い生死を彷徨ったせいで爆発的な霊力に目覚めた。アラサー。家族とは仲が悪い訳ではないがドライな付き合いで、友達と気軽に会えなくなるのは寂しいけれど現世に未練はなくさらっと審神者になった。
刀剣男士は神であり妖であり刀であり人外だと思っているので、愛ではするが恋愛対象にはない。刀剣側も極一部を除き将として、庇護対象としてみているので刀さにの可能性はかなり低い。

・加州
スウェット本丸の初期刀。同じ初期刀にあたる2振り(主に三日月)がフリーダムだったり、考えなしの審神者が一気に刀剣を鍛刀していきなり大所帯のまとめ役をさせたりたりと気苦労が絶えない。それ故か他所の加州清光よりサバサバしていてヤンデレ度も低い本丸の頼れる兄貴的存在。

・乱
スウェット本丸の初鍛刀であり懐刀。夜戦の誉泥棒。薬研ニキと同じくらい男前で他所の乱藤四郎より大人びている。

・燭台切
スウェット本丸の初太刀。本丸立ち上げ当初より一軍で活躍していたため、料理はお手伝い・趣味程度だった。カンストしてから本格的に厨番に参入、洋食と中華が得意。皆が諦める中、未だに審神者のスウェットについて文句を言っている。